HOME > PRODUCTS > HANDLE >bhl80

BEYOND THE BLUE HEAVEN

50/30をベースとした軽量設計でありながら、
BHL120の堅牢部品を随所に導入。
80ならではのデザインアレンジも加え、
長野工場によるMADE IN JAPANの品質。
やはりブルーヘブンを超えるジギングリールはブルーヘブン


4月1日発売
初回生産ロッド(Hi/Pw)には発売記念の
オリジナルステッカーを同梱致します

2019.03.25[FIFLD NOTE]
NewブルーヘブンL80/沖縄中深海編

2019.02.22 [FIELD NOTE]
NewブルーヘブンL80/中深海編 

2019.02.18 [FIELD NOTE]
NewブルーヘブンL80/近海編 

2019.02.14 [FIELD NOTE]
NewブルーヘブンL80/パワー編 

 

 

デザイン

photo
●Lシェイプドラグレバー

世界中のジギング仕様のレバードラグモデルが追従したS2Tレバー。
ストレートポンピング中でもパーミングサイドからレバー操作が可能となる優れた形状。しかも、今回の大口径モデル/ロングアームとの組み合わせに対応するデザイン進化を果たしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo
●スプール交換

初代BHL120からSOMが提案する代表的な特徴
モデルを重ねる毎にスプール交換のし易さを向上し、揺れる船上でも簡単にスプール交換が可能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo
●リードデザイン(実用新案)

ギヤーボックスのエッジ部分を異形にすることで、リールを目視せずレバーポジションを指で感覚的に感じ取れるようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo
●スーパースプールフリー(特許登録済み)

フリー時は2個の小径ベアリング軸受けし、巻上時は大径ベアリングがスライドし軸受けをサポート。
軽量スプールと相乗効果により驚異的なスプールフリー性能を発揮します。
特に中深海においては先にバイトゾーンへジグを投入することが出来る「釣れる性能」と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●左右非対称デザイン(意匠登録済み)

メカが詰まったギヤーボックス側を大きくパーミング側を小さく!SOMが世界で初めて提案したジギング専用デザインです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タフネス

photo
●大口径マウンテンモジュールギヤー

ドライブギヤーは高強度の高力真鍮素材をBHL120と同じでクラス最大口径の設計。
トローリングリールに匹敵するマウンテンモジュール仕様を、長野クオリティーで歯切りしています。
一巻きした瞬間から体感するパワフルな巻上げ力を生み出す心臓部です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●アルミ鍛造マシンカットの「ギヤーボックス」と「フレーム」

アルミ材料を熱し、高圧で叩き、強度を高めるのが鍛造製法。
強力な心臓部を収めるギヤーボックスと、ハンドルから入力されたパワーをギヤーからスプールへスムーズにロスなく伝えるためのフムームは、アルミ材を鍛造製法によって叩き出し、マシニングセンター機によって精密に削り出しています。

 

 

 

 

 

 

photo
「ギヤーボックス」

ハンドルアームとドライブギヤーの橋渡しとなるメインシャフトを収める筒部分は、充分な肉厚と段々形状にすることで、力を垂直に確りと伝えます。力の伝達をシミュレーション解析し、フレームの接合部まで必要な肉厚を確保し、強度が不要な箇所は除肉作業を行なっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo
「フレーム」

BHL30から採用した新発想のブリッジデザインは加工に手間がかかり、削り量も多くなるのでコストアップの大きな要因となりますが、ブリッジ全体に充分な肉厚が確保できるため、歪み撓み捻れが全く感じられない硬質な巻き上げ感を得る事がきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●高強度ワンウェイベアリング

ハンドル逆転を防止するのがワンウェイボールベアリングです。
世界最大手のドイツINNA製シェル型ワンウェイベアリングを防錆仕様で特注オーダーし、BHL120と同様に2個を超々ジュラルミン製の削り出しケースに圧入した最強仕様です。

 

 

 

●ハンドルアーム

ロング化に伴うアームのしなりを防止するために、新たな60系アルミ合金の押出鍛造と丸穴を廃止したことで最強アームが誕生しました。
中深海では圧倒的なパワーを発揮する110mmとワンピッチのリズムを取りやすい98mmのコンバーチブル設計です。
出荷時は110mm仕様にて組み上げています。

 

 

 

photo
●セミウォータープルーフスプール

巻上時はラバーキャップがスプールに接触し、水の浸入を防ぎます。
スプールフリー時はラバーキャップがスプールから離れ、接触抵抗なく高速フリーが可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo
●アンギュラコンタクトボールベアリング

レバードラグリールの構造的な弱点は、ドラグ力を上げるとハンドル回転が重たくなることです。
これはドラグ力を上げるとスプール→ドラグディスク→ピニオンギヤー→ベアリングへと力が加わり、図の→方向に負荷が掛かかるからです。
一般的なベアリングは回転方向しか負荷を受けられない構造のため、ボールが接触する外輪/内輪の面積が小さく圧力を充分に受けられず、摩擦や摩耗が大きくなります。
アンギュラコンタクトベアリングは内輪と外輪に角度付けられ、回転方向と軸方向の負荷に耐えられる設計となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラグ

photo
●セミウォータープルーフドラグ

レバードラグシステムはスプール側面にドラグワッシャーを備えるため、スプールとフレームの隙間から浸水した場合、ドラグ性能が著しく低下します。
レバードラグシステムで有りながらスプールフリー性能を低下させず、防水性能を持つシステムはBHLだけのジギングアイデアです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo
●G40コルクドラグワッシャー

初動のスムースさならカーボンワッシャーで充分な要求性能を得る事ができます。
しかし、台頭してきたSPJのストレートポンピングの場合、ロッドカーブが緩いためガイド抵抗によるプレッシャーが掛けられずカーボンワッシャーではスムースさが仇となり不用意なドラグの
滑りで魚に主導権を与えてしまいます。
そこでコルクワッシャーの初動の重さとドラグ力に注目し、コルクワッシャーの弱点であった面の荒さや曲げ強度の弱さを特注の圧縮機により、研磨したような表面滑らかさと強度を実現したG40コルクワッシャーを開発しました。

 

 

 

 

 

 

 

●キロセットドラグ

日本人の感覚に合わせドラグレバー1クリックを約1kgに設定しました。
ストライクポジションを基準にMINポジションまでマイナス3kg、FIGHTポジションまでプラス3kg、更にそこからMAXポジションはプラス4kgまでドラグ力が変化します。
使用するライン強度に合わせてストライクポジションを設定して下さい。

 

 

 

 

 

イージーメンテナンス

photo
●スプール/ドラグワッシャー/ワンウェイベアリングの交換

ギヤーボックス側の4つのスクリューを外すだけでフレームとギヤーボックスが分離します。
スプール交換も簡単に外せ、防水カバーを回せばドラグワッシャーへのグリースアップベアリングへの給油も簡単です。
消耗の激しい、ワンウェイベアリングやアンギュラコンタクトボールベアリングも非常に簡単に外すことが可能で、メンテナンスになれたアングラーなら完全分解も10分程です。

■ドラグワッシャーには →AC000
■回転軸/ベアリングには →CC000
■ギヤー部には →CG001
 ※スプールベアリングにグリースを塗ると回転が重くなる原因となります。
  市販のリールベアリング用のオイルを塗布して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

スペック

 
商品名
ITEM
ギヤー比
GEAR RATIO
ドラグマックス
DRAG POWER
糸巻量
LINE CAPACITY
自重
WEIGHT
カラー
COLOR
メーカー希望
本体価格(税抜)
PRICE
BHL80Hi/R 5.9:1 (113cm) 14kg PE5-550M/4-600/3-800/2-1200 620g ライトブルー ¥90,000
BHL80Hi/L
BHL80Pw/R 4.9:1 (95cm)
BHL80Pw/L
スペアスプール (ケース付き) ¥18,000
※表示はYGKよつあみ社WX8系ラインを、UOYA-IK1000/IK500にてスプール糸巻き外径まで巻いた値です。  
負荷は糸号表示の7~8割をキロ換算(例4号×7~8割=2.8~3.2キロ)した値で巻いています。  
ラインメーカー/糸巻き条件によって巻き量は表示と異なる場合がございます。
※スプールが変形する恐れがありますので、ナイロンラインでの下巻き、フル巻きはお控えください


page TOP

CLOSE