HOME > PRODUCTS > HOOK > 青技20

スローピッチジャークにおける青物に特化した
ジギングフック『青技』が完成!!
photo
根魚狙いを中心に各地に飛び火したスローピッチジャーク!
当然にフックはフォール中の僅かなバイト、超高速のボディーアタックにも
確りとフッキングするワイドゲーブのシェイプが中心です。
しかし、このフックを青物に使うと当たりは多いがよくバレる・・・
青物用と言われるフックは太軸の大物用が主流で、ライン号数とアンマッチ・・・
ならばスローピッチジャークにおける青物用のフックとは何か!?
トップアングラー西本康生が長年の経験から導き出した答えが小鯛針です。
「引き算の美学」ともいえるベーシックなシェイプ。


青技のこだわり

フックは兵庫県で長い歴史を持ち、小型針を手曲げ仕様で一貫生産する「株式会社はりよし」に委託。
しかも、製造元の有りものではなく、STUDIO OceanMark専用に開発をしました。
シャンクの長さ/針先の長さ/針先のタタキ/耳の角度などを、西本テスターが若い針職人に釣りを通して思いを伝えた渾身の釣り鉤です。

想定ターゲット

PE2号、ブリ10kg、ヒラマサ/カンパチ5kgをイメージしたフックサイズ20号サイズを開発し、折れずに曲がるギリギリの硬さをオーダーしています。
掛かりどころによっては細軸設計なので開いてしまいますが、開発テストでは明らかにオーバーサイズとなる30kgクラスのキハダもキャッチ、カンヌキにしっかりと入ったフックは僅かに開く程度と優れた実力を持っています。

フック特徴

不要な光を抑える銀掛け仕様は耐食性も抜群。

あああ

アシスト特徴

※講習会では高い評価を頂く、 作りこみの確かなアシスト

あああ

バイト数をとるか、確実なフッキングとファイトをとるか・・・

あああ

多くのワイドゲーブモデルはアシストラインとほぼ並行に針先が向いています。青物狙いでは活性の低い纏わり付くような小さいバイトを拾うことが出来ます。
反面、この掛かりの良さが災いし体や口元回りにスレ掛かりし、アシストラインと並行する針先は深く刺さらず、大物とのファイトで変形や身切れが起きてしまいます。

青技はバイト数がやや減るものの、高確率で口元にフックが届き、針先がアシスト先端を向いているため、本来のフッキング性能を引き出し、閂へ確実にフッキングします。
パイロットフックはワイドゲーブのフックを使いパターンを見極め、群れの中のビッグワンに「青技」を!

 

 

 

 

 

 

スペック

商品名 重量 メーカー希望
本体価格
青技20-35F(アシスト35mm)

 

1.0g(針単体)

 

¥1,100
青技20-25F(アシスト25mm) ¥1,100
青技20 バルク50(50本入) ¥3,700
青技20 バルク10(10本入) ¥800

※注意

ご使用前に針全体の確認を行い調整を行って下さい。
針先は化学研磨により鋭くなっていますが膜の厚い銀掛け仕様のため、ご使用前にシャープナーで針先を軽くなでるように研ぎ出しをして下さい。

カラー

photo

トップに戻る
CLOSE